スポンサーサイト

2017.08.27 Sunday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -

『ROCK MUSICAL BLEACH』を観てみた

2016.08.03 Wednesday | by あみさん

AiiA 2.5 Theater Tokyo『ROCK MUSICAL BLEACH 〜もうひとつの地上〜』を観てきました。

 

 

正直な感想は、ハードルが高かった…

原作を全く知らない状態で観たので、話しについていけませんでした。

大枠は分かったんですが、キャラクターの数が多くて覚えきれず、相関関係が分からなくて敵味方がさっぱり。

 

で、キャラクター紹介と人物相関図を求めて休憩時間にパンフレットを買ったんですが、写真が中心で、あとは対談と稽古風景のスナップショットという感じ。

 

結局こういう2.5次元ミュージカルは、原作やキャラクターに思い入れのある人が観るものなんだなぁ、と改めて感じた次第です。

 

そう感じたのも他にいくつか理由があって、例えば周りの反応を見ると、特定のキャラクターが出てくると前のめりになったりするのでも分かります。

合間の会話なんかもやはりキャラクターの話しが中心だったように思います。

 

見せ方もそれを意識しているようで、事件が解決した後、エンディングまでの話しが長い。

それぞれのキャラクターの後日談(というほど時間は経ってませんが)を紹介していくので、自然と長くなってしまうようです。

カーテンコールでキャストが順番に歌う演出も同様ですね。

 

それと、リピーターが多いのも感じました。

終演後「また会いましょう」という挨拶が交わされてましたし、「チケット譲ります」と出していた人に話しかける人がすぐに出てきてましたし。

前述のカーテンコールが始まった途端にみんな後ろを振り向いたのも、そこから出てくるのを知っていたからでしょう。

 

好きな原作の好きなキャラクターを見るために、何回も足を運ぶ。

これが2.5次元ミュージカルの楽しみ方なんでしょうね。

 

 

もうちょっと続けると、舞台はシンプル。

最初は幕が張ってあるだけで、幕が開いても大きく2種類のセットがあるだけで、かなりシンプルです。

ちょっと言い過ぎかもしれませんが、観客が頭の中で補完しながら観ているんじゃないかと思います。

 

 

そもそもなんで観に行ったかというと、平田裕香が出演しているから。

後半はセリフもそれなりにあり、歌も歌っていましたが、前半はほとんど喋らず。

キャラクターが多いので、キャスト目当てだとコストパフォーマンスは悪いです。

 

あと、小さくてかわいい子がいるなぁ、と思ったら美山加恋ちゃんでした。

そう考えると大きくなったなぁ、と。

 

『ROCK MUSICAL BLEACH 〜もうひとつの地上〜』公式サイト


『いであやか × Salley』を観てみた

2015.09.20 Sunday | by あみさん
渋谷LOOP annexで行われた『いであやか × Salley』という2マンを観てきました。


SalleyはオープニングアクトのRucaの次に登場。
キーボードの鈴木さんを加えた3人でのステージでした。

アコースティックな編成ということもあって、比較的落ち着いた曲が多かった印象です。
その中でも注目だったのが、2年ぶりくらいに演奏したという『Fragile』
2年前というとちょうどSalleyに出会ったころなので、まず自分は聞いていないはず。
どおりで新鮮に感じたわけです。
逆にまだ2年しか経っていないと思うと、こういうところだけ時が進むのが遅いように感じます。

Salleyのライブと言えばMC。
うららさん上口くんのパーマに気づいていなかったばかりでなく、「どこか変わった?」と突っ込んでいるところが面白かったです。
自分的には上口くんがメガネをかけて演奏しているのをライブでは初めて見たのが、パーマより印象に残っていますが。

いでさんうららさんのことを「サリーちゃん」と何回か間違えたそうですが、そのくだりで上口くんが自分のことを「サリーくん」と紹介しようとしてたところも笑いました。
でも本人は「浩平くん」と呼ばれたいということなので、今度からは「上口くん」ではなく「浩平くん」と呼ぶようにします。

11月23日に見田村千晴を迎えた自主企画を同じ渋谷LOOP annexでやることも発表されました。
対バン相手を「同じ趣味を持つ…」と言ったところで、会場のSalleyファンは僕もピンと来たようです。
イベントでは2組のライブの他にコラボやトークもあるそうなんですが、ということはコラボでモー娘。を振り付きで歌う二人が見れるのかも。
これは楽しみで仕方ないです。

ですが、なんとその日はねごとフェスとダダかぶり。
時間によってはもしかすると後半だけ観られる可能性もなきにしもあらずなんですが…
う〜ん、分身したい。


いでさんの出番の後に、アンコールでコラボがありました。
演奏した曲は宇多田ヒカル『First Love』
これが実に素晴らしかった。
特にサビのハモるところが破壊力抜群。
オープニングアクトや本編を忘れてしまいそうになるくらいでした。
これはまた聞きたい。

ここでも演奏する前に爆笑MCが。
いでさんから見ると上口くんが後ろのカーテンの黒に紛れてしまって、顔と手と足首しか見えないとか。
その流れを受けてか、「演奏する曲を二人で決めて…」といないことにされてました。
挙げ句の果てに、上口くんが「脱ぎましょうか?」と言い出す始末。
ますます曲に入りづらい空気になってました。

あと、いでさんのおねえさんもドラクエヲタだという話しから、うららさんが会場にドラクエ10プレイヤーがいるか聞いてみたところ、数人見つけてかなり喜んでました。
あんなに喜んでくれるんなら、自分もやろうかな…
でも、その昔FFXIで廃人だったことがあるので、いでさん同様仕事に手がつかなくなる危険性が高いんだよなぁ。


最後に、いでんさんがMCの中で「Rucaさんうららさんが同じ日生まれで…」という話しをしていて、そこで初めてうららさんの歳を知りました。
たぶん公式なプロフィールに生まれた年はなかったような気がするんですが、これって良かったのかな?
まあ、知ったから何ということもないんですけど。

http://sl150920liveloop.peatix.com/

『進撃の巨人』を観てみた

2015.08.25 Tuesday | by あみさん
樋口真嗣監督作『進撃の巨人』TOHOシネマズ日本橋で観ました。



一番に思ったのは、巨人の怖さ。
巨人が巨人という人間とは別の生き物ではなくて、巨大な人なんですよね。
禿げてたり、腹が出てたりするんですよ。
何ていうか、隣りの人が襲ってくるような恐怖感があって不気味でした。
これが実写化した一番のメリットだと思います。

これを可能にしたのが、ミニチュアを使った特撮技術なんですよね。
もはや日本の伝統芸能のひとつと言っても過言ではないんじゃないかと。
この恐怖感はCGでは出ないと思います。

行き過ぎた解釈かも知れないですが、巨人に巨大化し過ぎた人間の自我を感じました。
クレイマーとか、モンスターペアレントとか、抗議する市民代表とか。
シキシマのセリフや巨人の中からエレンが出て来たところ(つまり、巨人=人間)とも通じるかと。

残虐表現は散々言われていたからか、思ったほどではなかったです。
引きちぎられたり、飛び散ったりするのは想像できたけど、冒頭の押し潰されることろはちょっと引きました。
あんな感じに張り付いてしまうんですね。


キャラクター的にはミカサが原作とガラッと変わっていて、まだ咀嚼できてないです。
アニメ版の親殺しに匹敵するような強烈な体験から戦闘マシーンにする必要があってあの展開なのかな。

ハンジはもう評判通り。
最初のドジっ子なところはアレでしたけど、「こんなの初めて!」は分かっていてもカタルシスでした。

注目していたヒアナは死んじゃった…
「ケツがエロい」の意味は分かりました。
まあ、胸を触らせるくらいで済んで良かった。

最初の方に出てきてた子がかわいいな、と思ったらたかみなでした。
もしかすると、これが一番の収穫かも。


今から後編が楽しみ。
後編とは違う方向にどんどん進むと思うので、しっかり目撃しないと。

★★★

『進撃の巨人』公式サイト

Selected entries
Categories
あみさんのつぶやき
横浜FC
PR
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM