<< 『日本のいちばん長い日』を観てみた | main | 『進撃の巨人』を観てみた >>

スポンサーサイト

2017.08.27 Sunday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -

『十五少年漂流記』を観てみた

2015.08.24 Monday | by あみさん
舞台『十五少年漂流記』シアター1010で観てきました。


まず最初になぜこの芝居を観ようと思ったかと言うと、平田裕香という人が出ているから。
グラビアをやっていたころから好きで、イメージビデオを何本も持っているほどです。
ただ、グラビア時代にサイン会や握手会で生で見たこと… ああ、たくさんあるわ(笑)
唐突に思い出した。
他の人に比べて握手の時間が異様に長かった記憶があります。

で、最近Twitterで発見してフォローしていたところ、この芝居を発見したというわけです。


もう一つ、シアター1010は2回め。
最初に来たのはイッセー尾形のひとり芝居でした。
寒い時期だったんですが、空調が効きすぎて、最後Tシャツ姿で汗をかきながら観てました。


さて、本当はソワレで観ようと思っていたんですが、なんとマチネしかありませんでした。
その理由は劇場に着いた時に分かりました。
子供が多い。
よくよく考えてみると、『十五少年漂流記』は児童文学なんだから、当たり前と言えば当たり前でした。
しかも、出演者も子供が多い。
『十五少年漂流記』だから、そりゃそうだろ。
そんなことにも気づかないくらい、平田さんしか見えてませんでした。

ただ、子供だけかと言うとそうでもなくて、若い女の子も多い。
これは多分いわゆるイケメン俳優が出ているからでしょうね。
ロビーの花なんかもそんな感じだし。
『テニスの王子様』とか『弱虫ペダル』とか、そんなイメージです。

なので、シアター1010は結構異様な雰囲気でした。


芝居の方はそのまんま『十五少年漂流記』でした。
子供たちが分裂するところとか、凧で偵察するところとかはアニメ版で覚えていたんですが、その通りでしたし。
友情とか仲間の大切さをストレートに伝えていたと思います。

それと、フランス人のブリアンとイギリス人のドニファンが対立する原因の一つがそれぞれの国の考え方の違いだったり、その仲裁に入るのがアメリカ人だったり、黒人に対する接し方が違ったりといったところは、大人でないと分からない奥深さだったように思います。
最後、黒人のモーコードニファンに肩を貸しているところはさりげないけどいいシーンでした。

ちょっとだけ残念だったのが、案内役のバクスターがナレーション風に説明するところがいくつかあったところでしょうか。
ただ、2時間もない芝居なので台詞だけで説明しきることが難しいとか、観客に子供が多いとかの理由だと思うので、致し方ないんだろうな、と。


今日の公演が千秋楽ということで、最後十五少年がひとりひとり挨拶をしたんですが、中には泣いている子もいて、本編よりもこっちの方が涙腺を刺激しました。
平田さんも何回も目頭をぬぐってたし。
最後のカーテンコールではみんな泣いてましたね。
こういう雰囲気が芝居とシンクロしていた良かったです。

★★☆

『十五少年漂流記』公式ブログ

スポンサーサイト

2017.08.27 Sunday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
Selected entries
Categories
あみさんのつぶやき
横浜FC
PR
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM