<< 『ジュラシック・ワールド』を観てみた | main | 『十五少年漂流記』を観てみた >>

スポンサーサイト

2017.08.27 Sunday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -

『日本のいちばん長い日』を観てみた

2015.08.21 Friday | by あみさん
原田眞人監督作『日本のいちばん長い日』丸の内ピカデリーで観ました。



直前に岡本喜八版を観たので、その比較から。

共通しているのは平和な日本への願い
鈴木貫太郎阿南惟幾昭和天皇も、自分たちの代わりに若い人たちが再び平和な日本を作り上げて欲しいと、自らが戦争を終わらせたところは同じでした。
史実そうなんでしょうが、描き方も同じなので、これは『日本のいちばん長い日』の根底にあるテーマなんでしょうね。

逆に違ったのは、話しの整理の仕方でしょうか。
特に前半、青年将校の話しが少なく、ポツダム宣言受諾までの政権内の動きが大きく取り上げられていたところに違いを感じました。
たぶん、岡本喜八版では当時一連の動きについて評価が定まっていなくて、記録映画的に色々と詰め込んだ結果なんじゃないかと思います。
一方、原田眞人版では70年間平和国家として歩んできた礎がここにあって、それを見直さないといけない、というメッセージを感じました。
結果、スッキリまとまっていた印象です。

あと、昭和天皇をしっかり映していたところも時間の流れなんでしょうね。


細かいところだと、subject toの解釈で揉めるシーンにちょっと笑ってしまいました。
最近もこんなことがあったような…


戸田恵梨香松山ケンイチがカメオ出演してましたね。
ノーマークだったので、「あ!」と反応してしまった…

松坂桃李くんの額の血管がスゴかったです。
こういう狂気というか、凄味のある芝居もいいですね。

★★☆

『日本のいちばん長い日』公式サイト

スポンサーサイト

2017.08.27 Sunday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
Selected entries
Categories
あみさんのつぶやき
横浜FC
PR
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM