<< 『あなたがここにいればいいのに』を観てみた | main | 『マチェーテ・キルズ』を観てみた >>

スポンサーサイト

2017.08.27 Sunday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -

『ヒトミ』を観てみた

2014.03.20 Thursday | by あみさん
昨日は『あなたがここにいればよかったのに』に引き続いて、キャラメルボックス アコースティックシアター ダブル・フィーチャー『ヒトミ』サンシャイン劇場で観ました。

交通事故で全身不随になったピアニストのヒトミは、ハーネスという画期的な治療法で歩けるまで回復したが…




色んなところで「あれ?」という点が残る芝居でした。

まず、ヒトミの行動の意図。
最後の最後までヒトミが何をしたいのか周りの人間が分かっていないようでしたが、ピアノを弾きたいに決まってます
体が動かなくなったピアニストが体が動くようになって最初にやりたいことは何?と聞かれたら、普通はピアノを弾くことって答えますよね。
そこで選んだのが最初に弾いたピアノだったんですよ。
誰か気付きそうなものですけどね。

そして、目的のピアノが目の前にあるのに、なぜかピアノを弾かないヒトミ
弾きもしないで「弾けない、弾けない」と繰り返すのは駄々っ子と同じだと感じました。
加えて、ピアノをうまく弾けない自分は自分じゃないと思っているようですが、そこは仕方ないですよね。
交通事故にあって大怪我をしたわけですから。
できないものはできないわけで、どこかで折り合いを付けないといけないです。

この2点がどうも腑に落ちなくて、駄々っ子に手を焼く大人たちというイメージだけが残ってしまいました。

ピアノと向き合ったけど弾けない!となればまだ良かったと思います。
そこからなぜ弾けないのか、というカウンセリングが始まって、内面的な問題が出てきてそれをみんなで解決していくと。
実際に、何でも溜め込んでしまうヒトミの悪いところを直すカウンセリングの話しになっていたわけですし。
そんでもって、鍵盤を叩きつけてバーン!となったところに坂口理恵が「それが今のあなたが奏でる音楽よ!」とか言ってくれたら号泣ものだったんじゃないかと。


自分も技術者のはしくれなので、不完全で人の命を奪いかねない危険なハーネスを取り外すように言うのは当然だと思いました。
だって、ハーネスがなくても少なくとも死ぬことはないわけで、外してからまた着けられるようにしっかり改良すればいいんじゃないかと。
ハーネスを外すことに「動けなくなるなんてかわいそう」という反応は違う気がします。

あと、顔に手が触れたところで「暖かい」って言うシーンも違和感が。
首の怪我が原因の全身不随なので、顔に感覚があるのは当然じゃないかと思いますが、どうなんでしょう。


客演の稲荷卓央はちょっと浮いた感じを受けました。
伝統的なザ・演劇という感じの台詞回しなので、キャラメルボックスには合わなかったかな、と思います。

キャラメルボックス公式サイト

☆☆☆
 

スポンサーサイト

2017.08.27 Sunday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
Selected entries
Categories
あみさんのつぶやき
横浜FC
PR
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM