<< 『9条どうでしょう』を読んでみた | main | 『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』を観てみた >>

スポンサーサイト

2017.08.27 Sunday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -

『42 〜世界を変えた男〜』を観てみた

2013.11.09 Saturday | by あみさん
7日に丸の内ピカデリーブライアン・ヘルゲランド監督作『42 〜世界を変えた男〜』を観ました。

大リーグ共通の永久欠番「42」を背負った黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンのお話し。




映画としての感想はほとんどありません。
ハリソン・フォードの老けた芝居がわざとらしく感じたくらいです。
まあ、ハリソン・フォードと言えば宇宙船を操縦してるか、鞭を振り回してるかしている姿が浮かんで来ちゃうんで。
もうそんな歳なんですよね。


それよりも実話として、ジャッキー・ロビンソンブランチ・リッキーの生き方に感動しました。
第二次世界大戦末期から約3年くらいの話しなので、当然公民権運動の前の話しです。
まだ人種差別が公然と行われている時代であったのはこの映画を観れば分かる通りです。
そんな中で、相手が恥ずかしいと思うまで真っ向から正論をぶつけていくという手段はとてもまねできるものではありません。
歴史を作るということはこういうことなんだと考えさせられました。

「事実は小説より奇なり」と言いますが、まさにそれを地で行く映画でした。


感動したし、間違いなくいい映画なんですが、これくらいしか感想が思い浮かばないなぁ…
とにかく圧倒された、ということなのかな?

『42 〜世界を変えた男〜』公式サイト

★★★
 

スポンサーサイト

2017.08.27 Sunday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
『42 世界を変えた男』お薦め映画
ジャッキーの「倍返し!」はあくまでもグラウンドで。「やり返さない勇気」とは、ただじっと我慢していることを指すのではない。直接的な仕返しをする必要がなくなるくらい自分が強くなって、レベルの低い相手に間接的に勝利するまで頑張り続けることなのである。わかり
  • 作曲♪心をこめて作曲します♪
  • 2013/11/26 5:40 PM
Selected entries
Categories
あみさんのつぶやき
横浜FC
PR
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM