<< 『三浦淳宏引退試合』を観てみた | main | 『42 〜世界を変えた男〜』を観てみた >>

スポンサーサイト

2017.08.27 Sunday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -

『9条どうでしょう』を読んでみた

2013.11.08 Friday | by あみさん
6日に内田樹小田島隆平川克美町山智浩共著『9条どうでしょう』を読みました。

タイトルは若干ふざけていますが、中身はそれなりに真面目。
改憲ムードが高まった2006年に出版され、再び改憲ムードが高まってきた2012年に文庫化された本です。


一番なるほどと思ったのは、引用する小田嶋隆のこの文章です。

どういうことかというと、憲法というのは、理想を表明する装置であって、刑法や民法といった実定法とは意味や性質が根本的に違っているということだ。(155ページ)

これは町山智浩が言っていますが、アメリカの憲法では法の下の平等を謳っているにも関わらず、奴隷制が存在していました。
しかし、一番の目的ではないにせよ、この憲法の理想を実現する努力をした結果、現実が追いついて来たという歴史があります。
他の著者も異口同音にこのことを言っています。

そう考えると、改憲論者が言う「憲法は現実に即していないから変えるべきだ」というのはずれています。
「理想とするところが変わったから憲法を変えるべきだ」なら分かります。
でも、そうじゃないですよね?
現実に即していないのであれば、憲法を変えるのではなく、法律を作って少しでも理想に近づくようにするのが筋です。

これについては町山智浩がこんな風に言ってます。

改憲派の言うように現実に合わせて随時改憲していったらどうなるか? 現実に軍隊があるから九条を変えるのなら、現実に差別があるから第一四条の「国民の平等」を撤廃し、現実に貧乏人がいるから第二五条の「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を撤廃するという理屈も成り立ってしまう。(100ページ)

分かりやすいですよね。

日本は原爆を実戦で使用された唯一の国です。
その日本が平和憲法という理想を掲げてその実現のため努力していく。
これが進むべき道なんじゃないかと思います。


もうひとつ、この60年間平和だったという実績が改憲する必要性を感じさせないというのもごもっとも。
平和憲法のおかげで経済的な発展をしてきただけでなく、現行の憲法でも国は守れている証拠です。
仮によその国が攻めて来たとして、アメリカだけでなく国際社会が助けてくれるだろうし、自分や親族が危険に晒されたら、自衛隊という自衛組織があるんだからみんなで入隊して戦えばいいです。
そんな段階に来てから初めて軍隊を持つかどうかを議論するべきものじゃないかと思います。

「それじゃ遅いんじゃないか」というのは確かにその通り。
こんな事態になったら、先に軍隊を持って、その後から改憲という手順にならざるを得ないでしょう。
これこそが「理想とするところが変わった」瞬間です。
平和憲法に限らないものであれば、最高裁で違憲判決が出て、でもその違反事項が理性的に考えて妥当であると判断されたときに初めて改憲が議論されるべきものだと思います。
少なくとも現在はそんなにせっぱつまった事項は見当たらないんじゃないでしょうか?


とりあえず、平和憲法放棄に賛成の人は是非その暁にはまっさきに軍隊に入って、最前線で頑張って欲しいですね。
賛成だけしておいて「お前ら行って来い」なんて虫が良すぎます。
少なくとも戦前の皇族のようにご子息は軍隊に入れて国民のために戦わせてください。

★★★

 
評価:
---
---
---
()


スポンサーサイト

2017.08.27 Sunday | by スポンサードリンク

Comment
>自分や親族が危険に晒されたら、自衛隊という自衛組織があるんだからみんなで入隊して戦えばいいです。そんな段階に来てから初めて軍隊を持つかどうかを議論するべきものじゃないかと思います。

それは無理です
シリアのような泥沼の内戦・ゲリラ戦でもするのなら別ですが、大国同士の正規戦となると、戦力を整えるのには年単位の時間がかかります
一人前の戦闘機パイロットや潜水艦の隊員が育つのにも年単位かかります

>平和憲法のおかげで経済的な発展をしてきただけでなく、現行の憲法でも国は守れている証拠です。

平和憲法より、米国の抑止力が一番大きいでしょう
日本以外の国は、平和憲法を守る必要は無いですし
在日米軍があるお陰で日本は諸外国より防衛費の負担が少なくできました

>アメリカだけでなく国際社会が助けてくれるだろうし

軍事的に日本を助けてくれる国は巨大な兵站能力を持つ米国だけです
他の国は地理的に日本を助けることは不可能です

>とりあえず、平和憲法放棄に賛成の人は是非その暁にはまっさきに軍隊に入って、最前線で頑張って欲しいですね。

いざとなったら、アメリカが助けてくれる
つまり、いざという時は日本のためにアメリカ人が血を流せという事ですよ
日本を守るためにアメリカ人の血を流させて、自分は「平和憲法を守ってる平和を愛する人」と自己満足してる人って、世界からどう見られるでしょうね
世界以前に、そんな日本人のために米国が本気で日本を守ることはないでしょう
米国は日本の親ではありません
  • 失礼いたいします
  • 2013/11/14 5:30 PM
Add Comment









Trackback URL
Trackback
Selected entries
Categories
あみさんのつぶやき
横浜FC
PR
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM