<< たむらぱんを観てみた | main | 『9条どうでしょう』を読んでみた >>

スポンサーサイト

2017.08.27 Sunday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -

『三浦淳宏引退試合』を観てみた

2013.11.07 Thursday | by あみさん
4日の振り替え休日は、雨が降ったり止んだりの嫌な天気の中、三浦淳宏の引退試合ニッパツ三ツ沢球技場で観ました。

ウチの主幹試合ということで、クラメンの先行入場で入り、いつもの通りホームゴール裏に陣取りました。
来ないと噂されていたBLUTIGREの面々もきちんといました。
そして、アウェイ側を見ると、何とASA AZULが。
懐かしい…
応援も当時のまんま(と言っても私が知っているのはフリューゲルス時代ではなくて、飽くまで横浜FC時代ですが)で、あっちに行って一緒にやりたい衝動にも駆られました。
それと、見切れてますが写真の左側に某チームのサポーターも来てくれてました。
こんな感じで色んなサポーターが集まるので、引退試合は面白いです。




メンバーは当然のごとく豪華。
いちいち挙げるのはキリがないのでやめますが、昔懐かしの組み合わせが見れるのもまた引退試合のいいところです。

横浜FRIENDSのセンターバックが井原小村という某チームの懐かしい組み合わせ!
永井のパスに吉田が抜け出すとか、カズさんのツートップとか、懐かしいです。

ATSU FRIENDSの方もすごくて、名波藤田福西ジュビロの黄金期の中盤が見れたり、小笠原本山から師匠にボールが出たり、wktkものです。

あと、隼磨が倒してしまった三都主の頭をポコポコ叩いたり、城くんがファールをもらった後、小倉とゴール前でじゃれ合ってたりしたのが微笑ましかったです。


個人で言うと、土田は5分くらいのプレイでしたが、又吉は結構長く出ててしかも左サイドでボールをよく触ってました。
左利きだったんですね。
それと、後半に出てきた勝村は長いサイドチェンジをいくつか通したり、センタリングをボレーシュートしたり、さすがという動きでした。
ヒデペナルティヒデではなく、中田英寿)も最後数分だけプレイしてました。

我らが城くん爪楊枝で刺したらプチッと行きそうな感じでしたが、現役時代を彷彿とさせるオーバーヘッドを見せてくれました。
最初のゴールを決めた久保は、隼磨が上げたセンタリングを左足のアウトで見事に捉えてました。
さすがドラゴンというゴールでした。
あと、最後に会長が左サイドバックで出場して、山口と誰かに前線まで走らされてましたね。
へとへとになっているかと思いきや、そこから上げたクロスがえげつないピンポイント。
「東洋の精密機械」と言われただけのことはあります。

当のアツも素晴らしいプレイでした。
深い切り返しブレ玉フリーキックは健在。
ヘディングシュートがポストに当たって入らなかったのが惜しかったです。


試合はアツのハットトリックを含む3-2で横浜FRIENDSの勝利。
まあ結果はともかく、楽しい時間を過ごしました。





そう言えば、横浜FRIENDSのベンチに小嶺さんがいましたね。
言わずと知れた、国見時代の恩師です。
会長が出場している間に監督をやってみたり。

横浜駅からバスに乗って来たんですが、そのバスに小嶺さんが乗り込んで来たのにはびっくりしました。
今思えば握手してもらうんだった。

スポンサーサイト

2017.08.27 Sunday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
Selected entries
Categories
あみさんのつぶやき
横浜FC
PR
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM