<< 『Fリーグ第2節』を観てみた | main | 『グッモーエビアン!』を観てみた >>

スポンサーサイト

2017.08.27 Sunday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -

『96時間』を観てみた

2013.06.18 Tuesday | by あみさん
ピエール・モレル監督作『96時間』を観ました。

元CIA捜査官ブライアン・ミルズの一人娘・キムがパリを旅行中にさらわれて…


アクション映画のときにいつも書いているような気がしますが、普通に面白かったです。
四の五の言わずにバシバシ人を殺して行くのが気持ちいいです。
アクション映画はこうでなくちゃいけません。
100分程度という長さもちょうどいいです。


まあ、ツッコミどころはやっぱりあるんですがね。

ミルズは元CIA捜査官。
ということは、現役ではないです。
そんな人がフランスでこんなにバシバシ人を殺しているのに、普通にアメリカに帰って来ちゃってるのが笑いました。

あと、「ほら、言わんこったない」という展開はちょっとうんざりです。
だって、パリってそこまで危険じゃないでしょ?
本当に運悪く事件に巻き込まれたわけで。
確たる根拠もなく「危ない、危ない」って言っているだけの話なので、「お父さんは心配性」という印象しか受けませんでした。

もうひとつ、これはオリジナルに罪はないんですが、『96時間』という邦題がマズイです。
タイトルになるくらいだから、96時間に重要な意味があると思って観ていたんですが、出て来たのは序盤までで、最後の方は何時間経ったのかも分からなくなります。
つまり、96時間には時限爆弾の効果がないんですよね。
がっかりさせるような思わせぶりなタイトルはやめて欲しいです。
ちなみに、原題は『Taken』
つまり、『誘拐』
これなら変な期待もせずに観られます。


何はともあれ、リーアム・ニーソンがかっこいいから許す。

『96時間』公式サイト

★★☆


評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 980
(2012-12-19)


スポンサーサイト

2017.08.27 Sunday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
Selected entries
Categories
あみさんのつぶやき
横浜FC
PR
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM