スポンサーサイト

2017.08.27 Sunday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -

『SCOOP!』を観てみた

2016.10.25 Tuesday | by あみさん

昨日、ムービルにて大根仁監督作『SCOOP!』を観てきました。

 

とりあえずの感想は、面白かった!

ストーリーもさることながら、それぞれのキャラクターが立っていて面白かったです。

 

筆頭はチャラ源

というか、リリー・フランキー

これまでいくつも出演作を観てきましたが、『凶悪』を上回る怪演ぶりでした。

あのラリっている感じとか、最後のぶっ飛んじゃっている感じとか、もう本当にヤバい人でした。

特に静を助けに来るシーンは怖さしかないです。

たぶんプライベートでも仲が良い福山雅治とワキャワキャしているのも楽しかったです。

 

二階堂ふみはサービスショットが2回ほど。

『私の男』ほどではなかったし、2回めのシーンはあんなに長くいるのかな?とも思いましたが、まあ見れて良かったです。

そういえば、週刊プレイボーイでグラビアをやっていましたが、買い忘れたなぁ…

 

滝藤賢一演じる馬場が思い出話をしながら泣き崩れるシーンにはグッと来ました。

楽しい思い出って結構こういうくだらない話しなんですよね。

そのくだらない話しからグッと喪失感が襲ってくる感じがひしひしと伝わりました。

 

そして、何と言っても不肖・宮嶋

静が肩をポンと叩いて挨拶した白髪交じりの柔和な笑みを浮かべたカメラマンで、一目で分かりました。

その瞬間声が出そうになりましたがなんとかこらえて、でも何回かのけぞりました。

指定の場所以外から撮ろうとして、警官に追い払われるシーンでも出てましたね。

やっぱり大根監督の中でも、芸能カメラマンや報道カメラマンと言ったら不肖・宮嶋なんでしょうね。

よくオファーしてくれたし、よく出演してくれました。

しかも、エンドロールが「不肖・宮嶋 宮嶋茂樹」と出ていて二度笑った!

不肖・宮嶋」って役名なのか!(笑)

 

 

不肖・宮嶋のおかげ?で芸能カメラマンやパパラッチを見る目が多少は変わりましたが、基本的にはク○だと思ってます。

でも、その中でも極めた人たちには一家言あるもので、それが垣間見れたのは良かったです。

職業に貴賎なし、ですよね。

 

あと、パパラッチ業界?や雑誌業界、もっと広く芸能界や政界ってこんな感じなんですかね。

たぶんに脚色されているんだとは思いますし、全てがそうだとは思いませんが、ある意味怖いですね。

花火のシーンなんかは不肖・宮嶋の本を読んでいると確かにありえそう。

そういえば、吉田豪の話しを思い出すと確かに芸能界はそうなのかな、と思う面も…

 

 

一点、クライマックスシーンはちょっとドラマチックすぎてあれ?と思ってしまいました。

ラリっている人間が拳銃を振り回しているのに確保に行かない警察もアレだし、負傷者を放置するのもアレだし。

ラグビーをやっていたとはいえ、一人の中年に何人もの警察官が翻弄されるのもアレですかね。

もう少し警察をちゃんと働いている人として映してくれるとリアリティーが増した気がします。

 

★★★

 

公式サイト


『私立聖お台場女学院地獄大運動会』を観てみた

2016.09.29 Thursday | by あみさん

Zepp DiverCityで開催された『私立聖お台場女学院地獄大運動会』を観てきました。

 

 

 

出演はSMA所属の女王蜂ねごとチャットモンチーの3組ということで、ねごとチャットモンチーも好きな私はこんな格好に。

 

 

帽子はチャットモンチーで、シャツはねごと

他に、タオルはどちらも名前が入っているキューンミュージック20周年記念ライブのもので、ラババンはねごとのものでした。

チャットモンチーはあまりグッズを持ってないんですよね。

 

で、ちょっと申し込み方を失敗して、なぜか2階席で観る羽目に。

小夜子のドラムがよく見えたのでこれはこれで良かったんですが、やっぱりねごとの時は下に降りて跳んだ方が面白かっただろうなぁ。

 

 

最初は女王蜂

初めて聞きましたが、アヴちゃんの変幻自在なボーカルと美脚が印象的でした。

 

 

2バンドめはチャットモンチー

今回はどちらかな?と思ったら、2人体制でびっくり。

演奏が始まるとMacBookで打ち込みんだトラックを流したり、バスドラ、クラッシュシンバルにドラムパッドという構成で叩いたりで、さらにびっくり。

確か4年くらい前だと思いますが、同じZepp DiverCityで度肝を抜かれたのを思い起こさせる自由さでした。

 

MCも自由。

宣伝をいつするか打ち合わせが始まったり、初回限定を買うために「仕事しろ!」と煽ったり。

でも一番はえっちゃんが地獄を見せて煽ったところでしょうか。

正確になんと言ったか忘れましたが、「やるか?」とか「なにを!」とかそんな感じでした。

 

 

トリはねごと

終盤の何曲か切れ目なく連続で演奏するところは前も見ましたが素晴らしかったです。

 

はあの噂のベースだったんですよね。

今まではそんなこと感じませんでしたが、いよいよどちらが大きいか、という感じに見えました。

瑞紀のギターもピックアップを変えたと言っていたやつかな?

 

 

最後に運動会ということで、全員参加で玉入れ。

玉をお客さん全員に配布するのに時間がかかったり、結果はマッチポンプ?だったりしましたが、これはこれで楽しかったです。

 

ちなみに、校長がハリウッドザコシショウで、最初の挨拶がダダスベりでした。

芸人さんのダダスベりを見たのはこれが初めてかも。

これがダダスベりというやつなんですね。

末恐ろしい…

でも、玉入れの準備の時に見せた誇張した野々村元議員のモノマネは好きですけどね。

 

 

このイベントはイベント名から演出まで、3バンドが集まって決めて行ったとか。

そんなことがよく表れたのがトイレや喫煙所の案内ですね。

グッズもあったりして、こういうイベントにしては珍しく気合いが入ってました。



Salley Gardens 〜柳の庭の音楽会〜 Vol.4

2016.09.17 Saturday | by あみさん

代官山LOOPで行われたSalleyの自主企画ライブ『Salley Gardens〜柳の庭の音楽会〜 Vol.4』に行ってきました。

 

最初はゲストのGOING UNDER GROUND松本素生さん

風貌とは裏腹に(は失礼か)甘い声でひとつひとつ音を置いていくような丁寧な歌い方をするのが印象的でした。

MCも以前tvk『オンガク解放区』の録画にお邪魔した時のように、優しい兄貴分という感じの話し方で、本当にいい人なんだろうなぁ、と。

 

続くSalleyケン坊こと山本健太さんをキーボードに迎えてのアコースティック構成。

『夏はゆく』『キスしてbaby』で夏を惜しみつつ、Salley Gardens恒例のカバーコーナーでは稲垣潤一『夏のクラクション』を披露。

もうこれでSalleyの夏は聞き納めです。

 

後半は9月28日配信開始のニューシングル『kodama』をアコースティックで初めて演奏。

うららさんは「ヘッドセットがないと踊れない」と言いつつ、ところどころMVで見せているダンスを思わせる振りがあって、得した気分です。

 

アンコールは松本素生さんとコラボ

フジファブリック『若者のすべて』スチャダラパー『今夜はブギー・バック』の2曲をスナックのカラオケ状態(松本素生談)で歌ってました。

うららさんのカバーって、特徴のある声なんですが、どこか元歌の雰囲気が感じられるように思うんですよね。

歌い方が似てしまうのか、あるいは曲に対する思い入れなのか…

 

そんな感じで、初の男性ゲストでしたが、いつも通り楽しいイベントでした。

次は12月17日渋谷7th floorで行われる『Happy Salley Xmas』というアコースティックワンマンが大きなライブです。


 

ちなみに、セット転換のときにレモネードをこぼしてしまい、代官山LOOPのスタッフさんにはご迷惑をおかけしました。

1/4くらいしか飲んでなかったので、もったいなかった…

LOOPのレモネードはおいしんだよなぁ。

 

 

 


Selected entries
Categories
あみさんのつぶやき
横浜FC
PR
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM